翻訳管理システムを検討している理由は?

  • コンテンツ エコノミー

    コンテンツ エコノミー

    グローバル企業はかつてないほどに大量のコンテンツを生成しており、いまや1日あたり2.5兆バイトのデータが生成されていると推定されています。このコンテンツは多様なチャンネルをまたがってリリースされ、多数の言語でさらに増大しています。ターゲット オーディエンスに適正に到達するため、コンテンツはユーザの自国語で共感を呼ぶ必要があります。貴社のコンテンツをもっと翻訳する必要がありますか?

  • さまざまなシステムをまとめましょう

    さまざまなシステムをまとめましょう

    規模の大きな企業では、多様なテクノロジーが部署間をまたがって連携されていないというのはよくあることです。さらなるターゲット市場の拡大にともなって、より多くのコンテンツが定期的に更新され、拡張性や連携性は複雑になります。依然としてスプレッドシートやメールに依存する翻訳部門もあります。システムやチームが多数あるのに、いまだに手動ステップが使用されているのですか?

  • 一貫性のあるブランドの声

    一貫性のあるブランドの声

    すべての言語、プラットフォーム、チャンネルをまたがって公開されるありとあらゆるものについて、企業は一貫性のある「ブランドの声」を届けることを目的としています。これこそがブランドに親近感を、そして成長をもたらします。あらゆる顧客のタッチポイントにおいて、たとえばボストンでも、ベルリンでも、バンガロールでも、どこで見かけられようともコンテンツは目的を果たす必要があります。いずれの市場でも響くコンテンツを届けていますか?

  • コンテンツ タイプの多様性

    コンテンツ タイプの多様性

    すべてのコンテンツが等しく作成されているわけではありません。クリエイティブなコンテンツもあれば、感情的に訴えかけるコンテンツも、テクニカルなものも、手順を介してユーザを導きつつ情報を提供するようなコンテンツもあります。時として、コンテキストがなく翻訳をするというのは暗闇でダーツを投げるようなものです。的に当たるかどうか、分かるはずがありません。コンテンツのタイプごとに取り扱い方を変える必要がありますか?

  • 連結したエコシステム

    連結したエコシステム

    納期と予算を遵守して高品質のリリースを届けるという目的を達成するため、たいていのコンテンツはいくつかのタイムゾーンで複数のリソースによってプロセスされます。これには、リアルタイムでのコミュニケーションが必要とされます。翻訳管理プラットフォームでは、ライブ コミュニケーションが実現されます。翻訳に関するステークホルダー全員を対象としたクエリ解決とコミュニケーションのための簡単な手段を必要としていますか?

  • プラグ アンド プレイ

    プラグ アンド プレイ

    オープンスタンダードに準拠すべきコネクティビティとインテグレーションは敏捷さをもたらし、拡張性を高めます。「弊社では5つのコンテンツ システムを使用しており、翻訳パートナーと機械翻訳エンジンを選別しているところですが、将来はさらに連携システムを増やす可能性があります。」どこかで聞いたことありませんか?

これらの質問の多くに「はい」と思い当たる方は、ぜひ続けて読んでください。

ソリューションは?

ソリューションは?

これらの翻訳に関するチャレンジに打ち勝つためのシンプルなソリューションとして、翻訳のためのセントラルハブとして機能する次世代の翻訳管理システムが挙げられます。ローカリゼーションハブは障害のないワークフローと円滑なコミュニケーションを確実にし、ひとつ屋根の下にプロジェクトのステークホルダーおよびリソースすべてを連結させます。次世代型翻訳管理システムは、種類の異なるプロセスの自動化と集中化がすべてであり、費用効率が高く、制御可能で拡張性の高いコンテンツ サプライチェーンが結果としてもたらされます。

翻訳管理システムの特徴は?

翻訳管理システムの特徴は?
  • 知的オートメーション(IA:Intelligent Automation )

    レベルの高いオートメーションによって、プロジェクト マネージャはルーティンの手動タスクよりも例外処理に集中することができます。IA駆動の翻訳プロセスでは、リンギストによるアウトプットは飛躍的に増加します。

  • 翻訳プロセスのオートメーション(LPA:Localization Process Automation)

    この種類のオートメーションによって、コンテンツ編集者、プロジェクト管理者、関連ベンダー、リンギスト、インカントリー レビュアーなど、プロジェクトに関与するリソースのすべてがワークフロー上での担当ステップに連結されます。プロセス オートメーションは、ローカリゼーション ジャーニーにおける各ステップを促進させつつ細かな手動タスクを取り除いてくれます。

  • コネクティビティ

    翻訳のためのセントラルハブには、サードパーティーのシステムとのシームレスな連携が必要不可欠とされます。コンテンツ管理システム、生産情報システム、知識情報システム、機械翻訳システムなど、その他多くのシステムが該当します。このようなインテグレーションは、完全に文書化されたRESTful APIによる促進を必要としています。

1つの翻訳プロセスには40以上のステップが含まれることもあります。これらのすべてが自動化されることが重要です。

次世代翻訳管理ソフトの測定可能なメリット

翻訳のためのセントラルハブは、コンテンツのグローバル化へ向けてシステマチックで拡張性の高いアプローチを世界規模の企業に提供します。集中管理される翻訳管理システムを介して、以下を含む大幅な節約や利益を成し遂げることができると証明されています。

  • 翻訳経費の削減

    手動タスクが軽減されることによって非効率性は削減され、翻訳部門はほかの重要なタスクに集中することができます。

    予測: 20〜70%の節約

  • タイムトゥマーケットをさらに短く

    言語アセットでの作業に対して複数のプロジェクトのステークホルダーが1つの集中化された相互連結システムを使用することによって、コンテンツは1年365日翻訳することができます。

    予測: 30〜50%の節約

  • 品質の向上

    すでに軽減された手動タスクに加えて品質保証ツールを利用することで、人為エラーは飛躍的に低減されます。

    予測: ブランド エンゲージメントおよびブランド エクイティがさらに向上されます。

  • 安全な環境

    安全性に関する強固な設定を介してコンテンツへのアクセスを制御します。そして翻訳中に誰がどのアクションを実行したか、すべてが記録されます。

    予測: リスク管理メトリクスでの向上。

  • 拡張性

    翻訳コンテンツの分量が増えるにつれて、お使いのシステムのパフォーマンスには新しい要件に適合させる必要が発生します。

    予測: 長期間に渡るニーズに対応するプラットフォームが必要とされます。

  • XTMの無料試用