さらなる成長加速のためXTM InternationalにてCEOに任命されたIan Evans

さらなる成長加速のためXTM InternationalにてCEOに任命されたIan Evans

イギリス、ロンドン。2023年1月10日 — エンタープライズ組織のための最先端の翻訳管理システム(Translation Management System:TMS)を開発するXTM International(以下、XTM)は、Ian EvansをCEO(Chief Executive Officer、最高経営責任者)に任命したことを本日発表しました。

この発表は、共同創立者兼CEOとして20年にわたって同社を率いてきたBob Willansの退任に際して実施されました。WillansはXTMの役員として今後も続投します。

Willansは「グローバル化の急速な進展に対応できる高品質なエンタープライズ向け翻訳技術のニーズを認識し、XTMを設立しました。」と言います。「弊社のTMSはグローバル企業が顧客とのコミュニケーションを図り、世界規模に成長するために必要不可欠なシステムとして成長を遂げました。XTMチームが達成してきたことを私はこれ以上ないほど誇りに思っています。そして、弊社の成長を次の段階へと牽引する理想的なリーダーはIanであると確信しています。」

Evansはソフトウェア リーダーとして30年以上の経験を有し、直近ではプライバシー管理と「トラスト インテリジェンス」にて世界を先導するOneTrust社のEMEA担当マネージング ディレクターを務めていました。OneTrust社より前には、Workspace ONEとして現在は知られているエンタープライズモビリティ ソフトウェアのプロバイダーであるAirWatch by VMWareのEMEA担当副社長兼マネージング ディレクターを務めていました。

「XTMは破壊的かつ革新的なテクノロジーを開発し、高成長を維持し、お客様を第一に考えてきた素晴らしい実績があります。」とEvansは言います。「Bobと社員が一丸となって世界トップクラスの企業を築き上げたことに感謝しています。さらに弊社の成長を継続するためこの段階で自分が指揮を執ることになり、感無量です。」

GoTo、FARFETCH、Sony Interactive Entertainment、Indeed、Crown Equipment Corporationなど、数百におよぶ優良企業顧客が、複雑さを増す翻訳に対して多様なプロセスを自動化および一元化することによって克服するための支援を提供するXTMに信頼を寄せています。結果としてXTMユーザは、市場投入までの時間を80%以上短縮し、経費を60%削減し、翻訳品質を90%向上させることで、世界的に展開することができたのです。