XTM Connectorの利点

  • ファイル管理を楽しめる作業に

    ファイル管理を楽しめる作業に

    お使いのCMSでコンテンツの翻訳リクエストを、安心感をもって、直接実行します。ファイル構造やメール件名を覚える必要はありません。ファイルやメールを管理する労力を強いられることなく、必要に応じてコンテンツの翻訳が展開され​ます。XTM Connectorはコンテンツに対するいずれの変更も識別し、対象ファイルがすでに翻訳中であ​ろうとも、XTMで保有するソースファイルを自動的に更新します。

  • オートメーションと時間の節約

    オートメーションと時間の節約

    翻訳プロセスを自動化しましょう。あらかじめ定義したテンプレートに基づき、XTMで自動的に翻訳プロジェクトを作成しましょう。お使いのコンテンツ リポジトリから翻訳プロジェクトを自動的に開始し、機械翻訳にプリトランスレーションさせ、人手​による編集作業を依頼し、修正結果を受領して翻訳が完成されます。または、独自のワークフローを構築します。コンテンツ送信または自動実行のタイミングを選択し、管理業務を削減して時間を節約します。

  • 軽減される人為エラー

    軽減される人為エラー

    XTMに対するコンテンツのプッシュとプルは完全に自動化されています。XTMでの翻訳ワークフローが円滑に展開されることを、安心して見守ることができます。翻訳に必要な情報すべてを網羅して翻訳プロジェクトは作成されます。つまり、人為的な、またはコミュニケーションによるエラーが発生することなく、費用がかさむ再作​業や不要な遅れは発生しません。

先端をゆくCMSの翻訳管理とコンテンツ翻訳の自動化

  • Adobe Experience Manager用のXTM Connectorは、翻訳ワークフローの自動化とインコンテキストでの翻訳やレビューが可能で​す。XTM CloudまたはXTM SuiteとAEMを接続させ、お使いのCMS上で2〜3回クリックするだけでローカリゼーショ​ンの需要を整備し、管理業務を軽減できます。

    Adobe Experience ManagerのWebサイトを参照

  • Drupal 7と8用のXTM Connectorには、Drupal Translation Management Toolモジュールに基づくプラグインが2つあります。Drupal7および8のWebサイトとXTMの間でのコンテンツ送信や翻訳受信が自動的に実行​されます。XTMでコンテンツをローカライズし、Drupalで作成するWebサイトを最大限に活用しまし​ょう。

    DrupalのWebサイトを参照

  • XTM Sitecore Connectorでは、多言語コンテンツの作成をお使いのCMS上で管理できます。翻訳済みページをSitecoreに返送する前に、XTM Visual Editor上でインコンテキストでの翻訳やレビューが可能です。

    SitecoreのWebサイトを参照

  • WordPressは、新興企業や国際組織の多くで利用される最先端のオープンソースCMSソリ​ューションといえます。XTMとWordPressを連携させ、Webサイトの翻訳プロセスを整備し、関連ファイルの送​受信んだワークフローのオートメーションによって、企業ブランドを迅速に確立させましょう。

    WordPressのWebサイトを参照

  • XTM JIRA Connectorでは、JIRAのイシューに添付された新規ファイルが検知されます。対象ファイルは翻訳するためにXTMへ送られ、翻訳済みファイルは該当するJIRAイシューに自​動的に戻されます。JIRA内蔵フィルターを利用して、コネクターによってイシューは選択的にモニタリングされます​。

    JIRAのWebサイトを参照

  • XTM Zendesk Connectorは、articleに基づいてナレッジベースの翻訳を自動化します。XTMをZendeskと連携させ、翻訳を管理するための労力を費やすことなく、article​を多言語で公開しましょう。翻訳経費を軽減し、コンテンツの品質と一貫性を向上させましょう。

    ZendeskのWebサイトを参照

  • Microsoft Team Foundation Server用のXTM Change Controlは、モニタリングしているリポジトリのブランチの新規または更新ファイルを対象と​して、翻訳プロジェクトを自動的に作成します。ユーザの手を煩わせることなく翻訳ワークフローが開始され、翻訳済みファイルが戻されます。

    Microsoft TFSのWebサイトを参照

  • Gitのようなバージョン管理システムを対象としたXTM Change Control Connectorでは、ユーザの手を煩わせることは一切なく、サーバ上のフォルダをスキャンし​て新規または更新ファイルを検知し、翻訳対象として取得、翻訳済みファイルを戻します。

    GitのWebサイトを参照

  • SDL LiveContentはCCMS(Component Content Management System、コンポーネントコンテンツ管理システム)であり、モジュラーコンテンツを保管、構​成、管理します。XTMと連携させ、多言語コンテンツを簡単に生成しましょう。翻訳対象コンテンツの送信や翻訳済みコンテンツの受信や保管といったプロセスが、コネクタによっ​て自動化されます。

XTM Connector:翻訳管理オートメーションを次のレベルへと誘う

  • ソースコンテンツの選択

    ソースコンテンツの選択

    お使いのシステム上で1つ以上の言語への翻訳が必要なコンテンツを選択する、または、新規コンテ​ンツを自動的に翻訳へ展開するスケジュールを設定します。コネクタによって、対象データがXTMへエクスポートされます。

  • ローカリゼーション

    ローカリゼーション

    XTM Editorでの翻訳をリクエストする — 翻訳メモリと用語集が適用され、ブラウザで利用可能なQAツールを伴う、包括的な翻訳支援ツール​がXTMのパッケージとして搭載されています。

  • コンテンツの取得

    コンテンツの取得

    XTM Connectorによって、多言語に翻訳されたコンテンツはお使いのシステムへインポートされ​ます。 Webサイトとして公開する、マーケティング キャンペーンの準備をするなど、迅速な展開が可能となります。

  • Salesforce Service Cloud

    Salesforce Service Cloud

    XTM Salesforce Service Cloud Connectorでは、Salesforce内に既存する翻訳リクエスト機能が使用されます。機械翻訳を含めることも可能な自動ワークフローを伴い、多言語でのコンテンツのオーサリングや公​開を整備します。

    Salesforce Service CloudのWebサイトを参照

  • Oracle Service Cloud (RightNow)

    Oracle Service Cloud (RightNow)

    このXTM Connectorによって、翻訳可能なFAQコンテンツがRightNow CX Answer WorkspaceとIncident workspaceからダイレクトに抽出され、翻訳のOracle RightNowへのプッシュが自動的に実行されます。

    Oracle Service Cloud (RightNow)のWebサイトを参照

  • RSuite

    RSuite

    XTM RSuite Translation Connectorは、ITS規則およびSRX規則に基づいて、翻訳が必要なコンテンツを自動的​に抽出します。加えて、コネクタによって翻訳が返されます。ワークフロー ステップ、リンギスト、ベンダー、機械翻訳などをテンプレートにあらかじめ設定しておくことも可​能です。

    RSuiteのWebサイトを参照

  • easyDITA

    easyDITA

    XTM easyDITA Connectorは、ITS規則およびSRX規則に基づいて、翻訳が必要なコンテンツを自動的​に抽出します。DITA Mapを利用して論理的に数千のDITAファイルを構造化し、リンギストを動的にアサインします​。

    easyDITAのWebサイトを参照

  • Adobe InDesign Server

    Adobe InDesign Server

    XTMはAdobe InDesign Serverと蜜に連携しています。XTMでは、ライブリンクを含むInDesign文書のWYSIWYGを生成できます。ユーザが希望するテキストをマウスでクリックするだけで、セグメントはハイライトされ、コンテキ​ストを見ながら編集できます。

    Adobe InDesignのWebサイトを参照

  • DITAworks

    DITAworks

    XTM DITAworks Connectorは、ITS規則およびSRX規則に基づいて、翻訳が必要なコンテンツを自動的​に抽出します。DITA Mapを利用して論理的に数千のDITAファイルを構造化し、リンギストを動的にアサインします​。

    DITAworksのWebサイトを参照

  • Easyling

    Easyling

    EasylingはWebサイト翻訳プラットフォームであり、XTMと完全に連携しています。Easylingは、翻訳済みWebサイトを公開するためにプロキシサーバを使用します。Easylingでプロジェクトが作成され、コンテンツはXLIFFファイルとしてXTMへエク​スポートされます。XTMで翻訳が完成すると、Easylingへ返されます。ユーザは、ターゲットのWebページのプレビューをリアルタイムで確認できます。

    EasylingのWebサイトを参照

  • ClayTablet

    ClayTablet

    ClayTabletは、Adobe Experience ManagerやSitecoreなどのコンテンツ管理システムとのコネクタを提供する「ミドル​ウェア コネクタ ソリューション」です。CMSのバージョンによって、XTMからこれらのCMSへ直接、またはClay Tablet Connectorを経由して接続します。

    ClayTabletのWebサイトを参照

  • Muldrato

    Muldrato

    Muldratoは、AutoCADで作成されたCAD図面に埋め込まれたテキストを翻訳するた​めの自動化ソフトウェア ソリューションです。XTM Editorとの連携によって、翻訳メモリと用語集を活用しながらCAD図面を翻訳できます。

    MuldratoのWebサイトを参照

  • XTRF

    XTRF

    XTRFは翻訳会社や一般企業を対象としたグローバルTMSであり、XTMと連携することで翻訳​メモリ、用語集、翻訳支援ツールの機能性を活用します。結果として、最新鋭の翻訳支援ツール兼翻訳管理システムとなります。

    XTRFのWebサイトを参照

  • Plunet

    Plunet

    高度なXTMの翻訳支援環境をPlunetの翻訳ビジネス プロセス管理システムと連携させ、翻訳プラットフォームであるXTMの最新式の機能性を拡張させ​ます。

    PlunetのWebサイトを参照

  • Ovitas

    Ovitas

    OvitasのCMSコンテンツはDITA XMLに基づいています。翻訳管理システムであるXTMとOvitasの連携によって、コンテンツの作成、承認、パッケー​ジ作成、翻訳、パブリッシュというコンテンツ ライフサイクルの完全なワークフローをデプロイする機会がもたらされます。

    OvitasのWebサイトを参照

CTA 1