翻訳エラーを防ぐ

XTMには翻訳でありがちな問題点を認識し、修正の支援となるQAツールが搭載されています。

検証済みの翻訳のみを受け入れる

マイナスの影響からブランドを守りつつ、翻訳の問題点がXTMによってハイライトされます。翻訳者はエラーの種類を迅速に判別し、納品前に修正できます。

翻訳エラーを防ぐ

LQAを導入する

LQA(Linguistic Quality Assessment、翻訳品質評価)機能によって、翻訳品質を効果的に管理できます。

翻訳品質を解析するツールのデプロイ

「TAUS DQF (Dynamic Quality Framework)」は翻訳業界向けの専門的なツール、ベスト プラクティス、メトリクス、レポートの包括的なセットになっています。

TAUS DQFでプロジェクト データを解析

詳細を解析するため、翻訳やプロジェクトのデータをXTMからTAUS DQFへ送ることが可能です。インテグレーション ローカリゼーション マネージャによって、翻訳の進捗、多様な翻訳のパラメータ解析を追求し、結論を導き出して業界標準と比較します。

中核をなす翻訳メモリ