ユーザロール

ローカリゼーション業務や翻訳管理プロセスにおいて個別の責務に該当する「ユーザロール」を割り当てましょう。

管理者
  • ほかの管理者やPMを作成して編集する
  • XTMのコンフィギュレーションを設定する
  • XTM Cloudのサブスクリプションを管理する
プロジェクト マネージャ
  • ほかのPMを作成して編集する
  • リンギストを作成して編集する
  • カスタマーを作成する
  • プロジェクトを管理する
用語管理者
  • 用語集を作成する
  • 用語集をインポートする
  • 用語集をエクスポートする
リンギスト
  • テキストを翻訳する
  • インコンテキストでコンテンツをレビューする
  • 翻訳品質を評価する
TM管理者
  • 翻訳メモリを作成する
  • 翻訳メモリをインポートする
  • 翻訳メモリをエクスポートする

翻訳ベンダーへ直接アウトソースする

XTMは翻訳のバイヤーとベンダーをシームレスに結びつけます。「コントラクタ」と「サブコントラクタ」間のXTM接続を介して、企業から翻訳会社へ翻訳業務をアウトソースできます。同時に、翻訳バイヤーは進捗をモニタリングして経費を見積り、ベンダーとのコミュニケーションを保ちます。

コントラクタ
  • サブコントラクタとライセンスを共有する
  • LSPへタスクをアサインする
  • 翻訳の進捗をモニタリングする
サブコントラクタ
  • ライセンスを保有せずともアサインされた翻訳タスクを履行する
  • プロジェクトの社内ワークフローを指定する
  • 社内または社外のユーザに作業をアサインする

明確なレートカードで経費を見積る

XTMのレートカードは、ローカリゼーション経費の見積り、特定のプロジェクトの予算算出、費用効率の高い翻訳ベンダーの選択を支援します。

  • 言語コンビネーション

    言語コンビネーションごとに個別のレートカードを作成

    言語コンビネーション
  • 基準レート

    マッチタイプごとの異なるレートを算出するために基準レートを指定する

    基準レート
  • ワークフロー ステップ

    ワークフロー ステップごとのレート設定

    ワークフロー ステップ

データによるベンダー選択

いくつかの要素を考慮にいれれば、ベンダーの選択は想像するほどに難しくはないでしょう。すべて、XTMでチェックできます。

  • 専門性

    特に専門性の高いコンテンツは「サブジェクトマター エキスパート」に確実に翻訳してもらいましょう。

  • 品質

    一貫して最高品質の翻訳を提供してくれる翻訳者を選択しましょう。

  • 時間厳守

    納品が遅れがちな翻訳ベンダーは避けましょう。

  • 価格

    選択肢を狭めて翻訳ベンダーごとの経費見込みを比較し、判断理由を通知しましょう。