きわめて優れたTMSでゲームに勝つ

  • スマートであること。自分の規則にしたがってプレイしましょう。

    スマートであること。自分の規則にしたがってプレイしましょう。

    XTM Cloudでは、ゲームの開発会社や販売会社が翻訳会社に依存することなく、全タイトルの全言語の資産を集中管理して制御できます。翻訳マネージャは特定のファイルで必要とされる言語への翻訳に最適なベンダーを自動的にアサインする、または迅速に選択することもできます。

  • アジャイルの実現。止まることのないストリングの変更。

    アジャイルの実現。止まることのないストリングの変更。

    製品ごとに「継続翻訳プロジェクト」を作成し、新しいソース コンテンツ、ファイル、言語が発生した際に翻訳プロジェクトを更新・変更します。翻訳を開始する前だけでなく、翻訳中も、翻訳完了後も、ワークフローを変更できます。XTM Cloudでは、プロジェクトのデータと翻訳はリアルタイムで保管されます。企業がいち早い展開を必要とする場合、その時点での対応が可能であり、実行中の翻訳が消失されることはありません。XTM Cloudは、開発部門とナラティブ部門とによるスクラムを組んでダッシュするような進行に追随するべく、翻訳マネージャが考慮できるよう設計されています。

  • 効率を上げる。IDベース マッチングを使用しましょう。

    効率を上げる。IDベース マッチングを使用しましょう。

    ゲーム翻訳では、膨大な分量の翻訳メモリがすぐに蓄積されます。そこで、一意的なストリングIDをマッチングに活用します。XTMでは過去の翻訳を最善の方法で確実に、最大限に再利用できます。サプライヤに関わらず、ゲーム開発会社が翻訳再利用の規則を作るのです。

明日のTMSテクノロジーへ

  • ハードウェアのことは忘れましょう。接続は保ったままで。

    ハードウェアのことは忘れましょう。接続は保ったままで。

    今日のユーザは、Mac、Windows PC、タブレットなどを以前には考えられないスピードで切り替えることがあります。翻訳サプライヤを対象としたユーザ アクセスやプロセスは、将来ににおいても有効です。XTM Cloudはブラウザーを必要とするのみで、ユーザは世界のどこからでもログイン可能です。パフォーマンスと信頼性はコンテンツ デリバリー ネットワークによって保証され、新機能は翻訳サプライチェーン全体で即時に利用が可能となります。

  • メタデータの使用。男性?女性?どちらでもない?

    メタデータの使用。男性?女性?どちらでもない?

    ストリングのファイルやボイスオーバーのプロジェクトにはゲームのコンテキストが伴わず、翻訳者を置き去りにすることがよくあります。XTMではXTM Editorにカスタム列を作成して表示させることができるため、翻訳マネージャはサプライチェーン全体に詳細を提供できます。誤訳を防いで品質を飛躍的に向上させるために画像へのリンクやインタラクティブなプレビューを、HTMLファイルにはXTM Visual Editorを使用することでより良いコンテキストが提供されます。

  • グローバルになる。スピードアップしましょう。

    グローバルになる。スピードアップしましょう。

    GitHub、Perforce、SVN、Jiraといったストリングのバージョン管理をするシステムからプッシュやプルを自動化し、翻訳プロジェクトを自動的に作成させます。XTMで翻訳が完成した際、自動的にプルバックされます。手動のインポートやエクスポートは取り除かれ、スプリントにおけるファイルの消失や破損を確実に回避します。手動ステップはより少なく、QAのニーズはより低くなります。つまり、タイトルが市場へもたらされるまでの時間が短縮されます。

  • たくさんの人の力を借りる

    たくさんの人の力を借りる

    高い処理能力を有するマルチランゲージ ベンダーやフリーランス翻訳者との共同作業によって、さらに恩恵を受けることが可能です。一貫性のある結果を得るため、即時に言語資産を共有します。

  • 遅れを防ぐ

    遅れを防ぐ

    ワークフローのステップごとに期日を設定したり、リマインダのメールを送信することで、同じプロジェクトに従事する担当者間の誤解や、納品の遅れを防ぐことができます。どこに所在していようとも、XTMは対象ユーザにとっての「現地時間」で納期を伝えます。

  • 進捗と経費の追跡

    進捗と経費の追跡

    プロジェクトの進捗や経費をリアルタイムで追跡するため、詳細なレポート、ダッシュボード、プログレス バー、統計情報、メトリクスを使用しましょう。

XTM Cloud:ゲーム開発のプロセスを反映するTMS

  • プロセス

    プロセス

    XTM Cloudは、ゲーム、ソフトウェア、Webサイト、Adobe社および生産性向上ツールのソースファイルの多くに対応しています。翻訳するため、これらのデータを新しいXLIFF 2.0形式に変換します。

  • トランスレーション

    トランスレーション

    XTM Editorでの翻訳をリクエストする — 翻訳メモリと用語集が適用され、ブラウザーで利用可能なQAツールを伴う、包括的な翻訳支援ツールがXTMのパッケージとして搭載されています。

  • QA機能

    QA機能

    QA担当者はXTM Editorの検証機能を使用して、改変が必要なストリングのIDを迅速に識別できます。さらに該当セグメントのステータスを[要修正]に設定し、長時間を費やすことなく翻訳サプライヤに差し戻すこともできます。

FAQ(よくある質問)

  • POファイルに対してIDベース マッチングを有効にするには?

    [IDベースマッチング]の有効化を希望する旨とXTM Cloudのアカウント名(会社ログイン名)を明記し、サンプル ファイルを添付してsupport@xtm.cloudへご連絡ください。また、IDを常にエディタ上に表示させるか、作業中のストリングに対してのみ表示させるかもご希望をお知らせください。

  • XTM Cloudを自社サーバにインストールできますか?

    はい。オンプレミス サーバにXTMをインストールするための「XTM Suite」という名前の製品があります。sales@xtm.cloudへご連絡ください。システム要件をご案内します。

  • XTM Cloudのインストールにはどれくらいの期間が必要ですか?

    XTM Cloudはインストール不要です。XTM Cloudでは、ほんの数秒のうちにユーザや言語アセットをインポートし、プロジェクトを作成して使用開始できます。

  • コストはどれくらいかかりますか?

    XTMはコンカレント ライセンスモデルに基づいており、ユーザやサプライヤとライセンスを共有できます。ライセンスは特定のユーザがシステムにログインしたときのみ使用されます。特定のユーザがシステムからログアウトすると、別のユーザがライセンスを使用できます。必要なライセンス数についてはsales@xtm.cloudへご相談ください。